DSC07364.JPG

顔合わせ

​~準備~

1ff81231eecdfc6ad75bed825007be84_l.jpg

まず大前提として、彼と彼女が主役ではなく主催者で、家族と家族が初めて会う会であること。

きちんと計画して、育てていただいたご両親の印象も良くなるような準備をしましょう。

両家出席者のアレルギー確認。

日程開催場所選定(博多や天神)

どちらかの家族が他県からお越しの場合は待ち合わせをしやすい場所を念頭に置き、お店選びをすると良いでしょう。

■当日のスケジューリング

予約はしなくても良いですが、カフェやカラオケなどが近くにあり、二次会で少しでも親睦を深められる場所が近くにあると良いでしょう。

■お土産選定

両家皆様で同じ物を持って新たな家族としての象徴となるような物をご用意されるのも、一体感が生まれてよろしいかと存じます。

DSC07364.JPG

顔合わせ

​~当日の流れ~

 
1ff81231eecdfc6ad75bed825007be84_l.jpg
pixta_41366835_XL (1).jpg

【1】待ち合わせ時間の30分前には現地に来てお店の下見に行きましょう。

【2】席を見せてもらい、配席を考え、スムーズに座れるように案内しましょう。

(上座の確認もお忘れなく)

【3】店員さんと予約内容の確認をし、待ち合わせ場所に戻りエスコートします。

【4】ファーストドリンクを注文し、主催者であるお二人で男性側の家族から順に紹介します。

【5】紹介を終えたら乾杯し、料理・ドリンク運行はスタッフさんに任せる。

​【6】会の終わりにお土産を交換し、お茶かカラオケなど、2次会を準備しておくとより良いです。

1046845.jpg

喜友のおもてなしサポート

~もてなす相手を満足させること~

(事前準備)

おもてなしする方に心からご満足いただくためには、しっかりとした準備が不可欠です。事前に相手の方の好みやアレルギーなどをリサーチしていただければ、快適にお料理をお楽しみいただけ、場が盛り上がること間違いありません。ぜひ事前にリサーチしていただき、ご予約の際にお知らせくだされば幸いです。その情報を元に、おもてなしの献立を作成させていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。

~こちらの良さを伝えること~

(当日)

おもてなしをする側にも、される側にも、もてなされる「気構え」が必要であると考えます。『喜友』では、ご予約時にお客様から承った内容を元に作成した献立と、もてなす方のお名前を入れた「献立巻物」をご用意いたします。「献立巻物」を見た相手の方は「今日はこんな料理でもてなしてもらえるんだ」「今日のために店と打ち合わせてくれたんだ」と、もてなされる”気構え”ができることでしょう。会食初めの”おもてなしスイッチ”として、この「献立巻物」をぜひご利用くださいませ。

~思い出の品で印象付けること~

(お帰りになられてから)

 

会食を楽しんでお帰りになられた後も、今日という善き日を思い出していただけるよう、お土産をご用意しております。博多織の生地で包んだ「博多鈴箱」、博多献上柄があしらわれた「正絹しおり」、明太子の漬けダレをベースにした『喜友』オリジナルの調味料「KoreBariNma(これバリんま)」といった、博多ならではの品々です。持ち帰られたお土産を目にするたびに、会食の日が思い起されることでしょう。